作業員

トムソン立体抜型やアルミ鋳物などが活躍する場所|汗と涙の結晶

いろいろな製作方法

作業員

製造業の中には、プラスチック加工を行なっている工場がありますが、その中で複数の企業と連携して作っており、コミュニケーションを取りづらいことや小ロット生産なのでコスト削減をしたい、納期に柔軟に対応できる企業を探していることや悩んでいることがあります。そういった問題をもっているときには、新しい外注業者を探すことが大切になります。外注業者を探すとプラスチック生成を効率よく行なうことができ、抱えている問題を解決することができるでしょう。プラスチック成形を行なっている外注業者を見つけたときには、必要な分だけ成形をしてもらえるのか聞いてみましょう。また、コスト削減を考えており、安くするための提案なども行なってもらえます。プラスチック成形や加工、金型製作について疑問や悩みがあるときには、専門業者に相談してみましょう。

プラスチック成形についてよくある疑問として設計や金型設計、製作、プラスチック成形などの工程を一括で行なっている企業と取引をしたいと考えている企業があります。そういった問題や希望がある場合には、一から全て行なっている外注業者があるので、調べましょう。

プラスチック加工を行なっている場合、試作品を依頼するときもあります。モデル品などを作ってもらうことができ、小ロットの要望もこたえてもらえるでしょう。新製品を製作するときには、モデル品を作ってもらいましょう。また、小ロットになるので低コストで作ってもらえる成形方法などを指定することも可能です。プラスチックの塊から切削加工によって旋盤やフライス盤等を使い成形する方法は、製品1個から対応することができ、金型が必要ないので初期費用が安く抑えられます。しかし、量産には、適してなく、1個あたりの単価が高くなります。それらの問題を解決するのが簡易金型での成形方法です。短納期や低予算で製作可能なので大量生産も行なうことができるでしょう。