作業員

トムソン立体抜型やアルミ鋳物などが活躍する場所|汗と涙の結晶

材質によって使い分ける

作業員

最近では、多くの企業でアルミ鋳物を使っている業者が多くあります。アルミ鋳物を使われているものとして自動車部品や携帯電話などの細かい部品などがあります。これらの部品は自社で全て作ることは難しいので、外注業者に依頼している企業が多くあります。世の中には、たくさんの製品があり、数百個の部品が使われていることがあります。
アルミ鋳物で使われているアルミは、軽くて加工しやすい特徴を持っています。他にも低温脆性がない、電気伝導性、熱伝導性がよくなどの材質のメリットがあります。機械や構造材などでは、アルミ鋳物が多く使われており、自動車、製作機械などの部品になっています。

機械や自動車で使われるアルミ鋳物では、含まれている合金によって特徴が異なります。そのため、機械等で使う場合には、アルミ合金の特性等を知っておく必要があります。
AC1AやAC1Bなどのアルミ鋳物では、銅が含まれているので、高強度になります。ただ、鋳造製が悪いデメリットがあるので、製造するときには、起因する不良に注意する必要があります。また耐食性も、あまり優れていないので、腐食に気を付けましょう。
高強度なAC1Aなどは、架線用部品や自動車部品、航空機油圧部品、電装部品などの強い強度が必要な場所で部品として使われていることが多くあります。
さらに高温環境で強度が必要な場合にも適切なアルミ鋳物の材質があります。それは、AC5Aです。AC5Aは、アルミとマグネシウム、銅の合金にニッケルが添加元素として入っています。それにより、加工性にも優れているアルミ鋳物になります。その他、いろいろなアルミ合金があり、さまざまな用途でアルミ合金が使われています。材質を知って適切なアルミ鋳物を使いましょう。